トップ

歯科の混合診療は合法

保険診療と保険外診療の併用を意味する混合診療は、平等な医療を提供することを建前としている日本では原則、認められていません。原則には例外もあり、差額ベッド代や新しい高度医療技術の場合には認めています。しかし、歯科では虫歯の治療には保険を使って安く済ませ、被せ物や入れ歯には保険外診療を行うことが日常化していて、自費分の領収書と保険分の領収書を別々に発行しています。歯科では混合診療を認められているかわりに、厚生局に年1回料金の届け出をする必要があり、その料金は患者から見えやすい待合室に提示するなどの取り決めがあります。

歯医者の混合診療を知ろう

虫歯や歯周病などの一般歯科の治療を受けている人が多いですが、インプラントや歯列矯正などの審美性の高い治療を希望している人が増えています。保険適用の治療と、保険適用外の患者が混在している歯科医院を、混合診療と呼ばれています。基本的には、個人が保険適用の治療と、保険適用外の治療の両方を受けることは禁止されています。クリニックによって、費用が違ってきますが、保険適用外の治療を希望する場合は、事前に治療期間や料金について、説明を受けておく必要があります。現代はほとんどのクリニックで、混合診療を行っています。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科では混合診察が可能. All rights reserved.